契約書・契約トラブル

契約書は一度調印してしまうと、その有利不利に関わらず、その内容(文章)に拘束されますので、その内容や影響をよく理解した上で調印することが大切です。
 
当法律事務所が顧問弁護士を務めている企業様の中でも、過去に契約トラブルを経験されている企業様は契約書の重要性を実体験として感じられておられるため、頻繁に契約書のご相談にお越しになります
 
ところが、そうでない企業様の場合には、特に取引先と長年の付き合いがある場合や信頼関係がある場合、取引先との力関係が著しく弱い場合などに、内容の吟味がされないまま、契約書に調印し、後にトラブルになってしまうケースも多いのです。
 
・このまま契約書に調印してよいかどうか分からない
・新規の取引先との契約書を作成したい
・契約を巡ってトラブルが発生してしまった

このような場合は、弁護士にご相談ください。
 

企業法務に関する目次

契約書・契約トラブル
取締役の責任
コンプライアンス経営
債権・売掛金の回収


ImgTop5.jpg

   ◆弁護士山本哲也の理念      ◆弁護士紹介      ◆弁護士費用      ◆アクセス&執務時間


TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。

Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.