• HOME
  • 交通事故問題Q&A
  • 加害者や保険会社が親切なら示談交渉を弁護士に依頼する必要はありませんか?

Q.交通事故に遭い、2か月間入院治療をしましたが、怪我が治ったのでこれから示談を始めます。加害者は誠実な人で、何度も見舞いに来てくれましたし、保険会社の担当者も親切な人なので、弁護士に依頼しなくても十分な賠償金を払ってもらえる気がします。示談交渉を自分で行っても問題ないですか?

 

 

A.保険会社の担当者の人当たりが良いということと、保険会社が十分な賠償金を払ってくれるということはイコールではありません。それゆえ、保険会社の担当者の人当たりが良い場合でも、示談交渉が始まったら、保険会社が提示する賠償金額が適正かどうか、弁護士の意見等を参考にすべきことに変わりはありません。

 

保険会社は、各社で独自の計算方法を用いて賠償金額を計算します(この基準は、一般に、任意保険基準と呼ばれています)。

この任意保険基準は,最低限の賠償である自賠責保険の基準よりやや高い程度で、弁護士基準(裁判基準)と比較して、とても十分な額とはいえません

 

 

すなわち、弁護士に依頼した場合は、弁護士は、裁判基準で賠償金額を計算して、保険会社と交渉します。

裁判基準とは、裁判例等を参考に作成された基準で、裁判所は概ねこの基準に基づいて賠償金額を決定します。そして、裁判基準に基づく賠償金額は、任意保険基準に基づく賠償金額とは大きな差があるのが普通で、裁判基準の方が高額です。

 

 

保険会社の担当者は、任意保険基準に基づいて提案する賠償額を決めるため、たとえ担当者が親切な人に感じられたとしても、担当者が裁判基準に近い金額を提案することはほとんどないでしょう。

 

一般の方が、ご自身で保険会社と交渉し裁判基準に基づく賠償金の支払いを得るのはかなり困難です。

 

 

保険会社の担当者の人当たりが良い場合でも、保険会社の提案額の妥当性につきましては、一度交通事故の経験豊富な弁護士にご相談なさることをお勧めします。

 

 

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。

Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.