休車損とはどのようなものですか。

 

A 

1 休車損害とは

 

 事故により破損した自動車が営業用であり、代車を手当することができない場合には、当該自動車を休車したことによる収益の減少が生じ、これを休車損害といいます。

 

 

2 休車損害の算出方法

 

休車損害=(1日あたりの営業収入-燃料費などの休車中支出することを免れた費用)×休車日数

 

 

 休車損害は、被害車両によって1日あたりに得られる利益額に相当する修理期間又は買替期間を乗じて算出されます。

 

また、休車損害を算出する際には、流動経費をはじめ、稼働しないことによって支出を免れた経費を控除します。売り上げから控除されるべき経費は、車両を使用しないことによって免れた変動経費(車両の実働率に応じて発生額が比較的に増減する経費)として、燃料費、通行料、修理費、運転手の乗務手当等に限るべきであり、固定経費である、乗務手当以外の人件費、減価償却費、保険料、駐車場使用料、税金等は控除すべきではないとされています。

 

 

3 留意点

 

 被害者が破損した自動車の他に代替して使用できる遊休自動車(予備車両)を有している場合には、現実に休車損害は発生しないので、休車損害は認められないと考えられています。

 

 

 より詳しいことにつきましては、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。

 

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)
〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。

Copyright © 2010 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.