高崎・前橋をはじめ群馬県での法律相談は弁護士法人 山本総合法律事務所へ

交通事故を物損から人身に切り替えることはできる?

HOME > 交通事故を物損から人身に切り替えることはできる?
交通事故を物損から人身に切り替えることはできる?

物損(物件)事故として届け出た交通事故を人身事故に切り替えたい場合は、警察署に必要書類を提出すれば可能です。

群馬県高崎市の弁護士が以下で解説します。

目次

1.事故からしばらく経ってから怪我の症状が出る事もある

2.まずは病院で診察を受ける

3.警察署に必要書類を提出する

4.人身事故への切り替えはなるべく早めに行う

 

A

1.事故からしばらく経ってから怪我の症状が出る事もある

事故直後はたいしたことはないと思い物損で届けたものの、その後事故による怪我で体の痛みが現れることもあります。このような場合、以下のように、物損(物件)事故から人身事故に切り替えを行うことができます。

 

2.まずは病院で診察を受ける

まず、病院に行って診察を受け、事故による受傷などの記載がある診断書を発行してもらいます。

病院へ行く時期は、事故と怪我との因果関係(事故が原因での怪我かどうか)を疑われないようできる限り早く受診されることをおすすめします。

 

3.警察署に必要書類を提出する

次に警察署に人身事故に切り替えるための必要書類(診断書、車検証、運転免許証等)を提出します。

担当者が忙しい場合などすぐに対応できない可能性もありますから、警察署に届け出を行う際には、事前に警察署に連絡を入れ、必要書類の確認や提出日取りの約束を取りつけておくといいでしょう。

 

4.人身事故への切り替えはなるべく早めに行う

以上の手順で人身事故への切り替えを行うことができます。

切り替えの時期について制限はありませんが、事故から時間が経ってから切り替えを行おうとしても、怪我が本当に事故によって負ったものか疑われ、警察が切り替えに応じないこともありますし、後の相手方保険会社との交渉でも事故との因果関係が争いになることがあります。

そのため、事故後に痛みが生じたような場合には、できる限り早く人身事故への切り替えを行うことをおすすめします。